• 内藤博久

De La Cruz v. Hometown Buffet:労働者調整・再訓練予告法(WARN Act)をめぐる訴訟

最終更新: 2020年6月22日

Fisher Philipsの記事

「A New Wave Of COVID-19 Class Action Lawsuits Begins In California」

https://www.fisherphillips.com/resources-alerts-a-new-wave-of-covid-19-class


WARN Actでは、100人以上の従業員を有する企業に対して、事業所閉鎖または大量レイオフを行う場合、従業員や、州および当局に対して60日の事前予告を行うことを義務づけています。雇用主がWARN Actの事前予告義務を怠った場合、従業員の60日間の給与および諸給付の補償を行う他に、違反1日につき$500の民事制裁金(罰金)が課されることになります。


本訴訟は、カリフォルニア州にある大手レストラン・チェーンが、連邦法である労働者調整・再訓練予告法(WARN Act)とカリフォルニア州労働者調整・再訓練予告法(Mini WARN Act)に従わなかったことを理由に、従業員から集団訴訟を提訴されたケースです。連邦法のWARN Actでは、閉鎖またはレイオフが6ヶ月以上継続する場合にのみ、予告義務が発生します。他方、カリフォルニア州のMini WARN Actでは、一時解雇やfurloughs(一時帰休)でも、雇用主に予告義務が生じる点が、大きな違いです。このように、各州ではMini WARN Actが存在して、連邦法と異なる要件となっていることがあるので、注意しなければなりません。本訴訟は、法の違いや解釈の理解が行き届いていない分野を狙ったケースであり、ポスト・コロナ社会ならではの訴訟パターンといえます。今後も、WARN Actをめぐる訴訟が増加する可能性があるため、雇用主は、連邦法そして州のMini WARN Actの確認をすることが重要です。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ポスト・コロナの訴訟件数について

Lex Machinaのデータによると、2020年度第3四半期の連邦裁判所に提訴された労務訴訟の件数は14,000件だったそうです。2018年度の16,700件や2019年度の16,000件と比較しても、訴訟の件数が減っていることが分かります。過去9年のデータと比較しても、今年の第2、3四半期の労務訴訟件数は、それぞれ4,669件と4,278件となっています。過去9年の訴訟件数は4,900~6,0

ポスト・コロナ社会のマタニティーハラスメント

ポスト・コロナ社会の訴訟パターンとして増加しているのが、妊娠・出産の差別や不利益取扱いを理由とするケースです。妊娠をしている従業員が、新型コロナの重症化リスクを懸念してリモート業務やFMLA(育児介護救護法)による就労保障休暇をリクエストするが、雇用主がこれを拒否。最終的に当該従業員は解雇となり、雇用主が合理的な便宜(Reasonable Accommodation)を図らなかったのは、マタハラに

訴訟トレンド:統計について

Fisher Philipsの記事 「FP COVID-19 Employment Litigation Tracker Reveals 43% Explosion Of Workplace Claims In June」 https://www.fisherphillips.com/resources-alerts-fp-covid-19-employment-litigation-tracke

©2020 by Japan Practice: Back to Work Program