• 内藤博久

製造業、工場雇用主の義務:従業員の個人情報およびプライバシーの保護

最終更新: 2020年6月18日

Jackson Lewisの記事

「Manufacturing Employers’ Options to Detect, Prevent Spread of COVID-19」

https://www.jacksonlewis.com/publication/manufacturing-employers-options-detect-prevent-spread-covid-19


製造業、工場の現場では、従業員の安全確保とウイルスの予防対策として、最新のテクノロジーを活用することが検討されています。テクノロジーによっては、従業員の健康管理を行う上で、個人情報や医療情報を取得するものもあります。本記事では、雇用主がテクノロジーの活用によってウイルス対策を図る場合の注意点がまとめられています。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

製造業のニューノーマル

ポスト・コロナ社会で求められる新しい仕事環境を「ニューノーマル」と表現しますが、このニューノーマルの定義は日々変化しています。CDC(米国疾病対策予防センター)やOSHA(米国労働安全衛生局)、そして州政府などから出されるガイドラインは常にアップデートされ、これらの新しいガイドラインに沿って安全プランを更新し、従業員に安全な労働環境を確保することが雇用主の義務となります。その中でも、ニューノーマル

労使関係:ポスト・コロナ社会の労働組合の活動と、製造業のリショアリングについて

Jackson Lewisのウェビナー 「Labor Relations in the COVID-19 Era」 https://www.jacksonlewis.com/event/labor-relations-covid-19-era 新型コロナウイルスの影響により健康の維持や雇用の確保をめぐって、労働者の不安が高まるにつれ、労働組合の活動も激しくなってきています。また、ミネアポリスでジョ