• All ok Project

経済支援策:Consolidated Appropriations Act 2021について

本記事では、コロナ禍における失業保険給付の最新情報の解説をしています。

Jackson Lewisの記事

https://www.jacksonlewis.com/publication/consolidated-appropriations-act-2021-unemployment-relief


  • 給付期間の再延長:州の給付期間は通常26週間となりますが、CARES Actにより13週間延長され、最長39週間となっていました(PEUC: Pandemic Emergency Unemployment Compensation)。それが、今回の追加支援策によって、給付の最長期間が50週間に延長されています。

  • 追加給付の再開:2020年7月31日に終了してしまった$600/週の追加給付が復活となります。$600ではなく、$300/週の追加給付が2021年3月14日まで、支払われることになります。

  • PUA(Pandemic Unemployment Assistance)も継続:失業保険給付を従来受けることができない対象者(自営業者、ギグエコノミー、独立契約者など)の支援プログラムも2021年3月14日まで延長されることになります。


今回の追加支援を受けて、経営者の方は再度、特定の州で実施される「ワークシェアリング・プログラム」の確認をしていただければと思います。会社の経済的負荷を下げる場合、大量レイオフや解雇の代わりにワークシェアリング・プログラムの利用が可能です。追加給付が再開されたことによって、今後、ワークシェアリング・プログラムを利用する企業が増えることになると思います。


ワークシェアリング・プログラムが有効か否かは、以下のような条件によることになります。

  1. 同プログラムから支払われる給付が全て連邦政府による負担であるか。利用することで雇用主へのペナルティ(保険金の増加など)がないか。

  2. 執行役員などマネージメント従業員、エグゼンプト従業員、パートタイム従業員なども同プログラムに参加させることができるか。


ワークシェアリング・プログラムについては、ジェトロ・ニューヨーク主催のWebinarで以前、お話をさせていただきましたので、そちらを参考にして下さい。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

27回の閲覧

最新記事

すべて表示

ホリデーシーズンに向けて:トラベル・ポリシー(旅行に関する規定)

今年も残り2ヶ月となりました。年末年始の従業員の帰省や旅行に備えて、新型コロナウイルス対策の一環としての会社の「旅行に関する規定」を見直し、従業員に会社のポリシーを周知させていく必要があります。 まず雇用主が従業員の旅行を禁止することについては、幾つかの州法において、雇用主が従業員の「勤務時間外の活動(off-duty conduct)」を不当に制限・妨害する行為を禁止しています。従業員の個人旅行

JETROウェビナー:ワークシェアリング・プログラム

JETROニューヨーク事務局の皆様に機会をいただきまして、2020年10月1日に「ワークシェアリング」についてWebinarをやらせていただくことになりました。 ワークシェアリングは、業種・業界問わず、企業のコスト削減に役立つ仕組みとなっています。 この機会に、ワークシェアリングの実態や機能を知っていただければと思いますので、ご興味ある方は是非Webinarにご参加ください。当日は、ライブで質疑応

ポッドキャスト第2回(前半):ポスト・コロナにおける就業規則

今回の放送では、雇用主目線でつくる就業規則について解説しています。就業規則(Employee Handbook)は、従業員の為だけに作成するのではなく、会社のルールやポリシーを明確にして、人事法務リスクから雇用主を守るツールとして活用できるようにします。就業規則をレビューする際、「これは良い内容だな」や「この就業規則は修正が必要だ」など、弁護士が注目するポイントなどをまとめました。 https:/

©2020 by Japan Practice: Back to Work Program