• 内藤博久

従業員の失業保険:ワークシェア・プログラムの活用

最終更新: 2020年6月18日

Jackson Lewisのウェビナー

「Workshare 101」

https://www.jacksonlewis.com/event/workshare-101


ポスト・コロナ社会でビジネスを継続していくには、雇用主の法的リスクを避けると同時に、雇用主にかかる経済的負担(従業員の給与など)を下げるスキームが重要です。ひとつの有効なスキームとして挙げられるのが、全米の約半分以上の州政府で実施される「ワークシェア・プログラム」です。ワークシェア・プログラムは、州の補償する失業保険の一環であり、雇用主が従業員のレイオフや解雇を避ける代わりに、州が従業員の給与の一部を負担してくれるシステムです。ワークシェア・プログラムは、州によって要件やプログラムの内容が変わるので注意しなければなりません。


本ウェビナーでは、ワークシェア・プログラムが何であるかを説明をしながら、各州が実施するプログラムの違いについても解説しています。また、雇用主がワークシェア・プログラムを利用する場合の注意点にも触れています。ワークシェア・プログラムは、雇用主にとって有効なツールになるものの、州政府のサポートを得るためには慎重なプランニングが必要です。ワークシェア・プログラムの存在は意外に知られておらず、ポスト・コロナ社会では雇用主にとって活用できるツールとなる可能性があります。その意味でも、ぜひ本ウェビナーは確認してみてください。


このウェビナーに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本ウェビナーは、実施時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

ワークシェアリング・プログラムについて

ジェトロ・ニューヨーク事務局の皆様に機会をいただき、10月1日にWebinarを無事に開催することができました。ライブでは300人以上の方にご視聴いただき、登録数も700人となっていました。誠にありがとうございます。Webinar後も、質問をいただき、Zoom会議などをさせていただきました。引き続き、ワークシェアリングの情報をアップデートしていきます。 ジェトロのサイトで録画がアップロードされまし

失業保険について:週$600の給付金上乗せの終了

今回は、米国の失業保険制度についてまとめていきます。 失業保険の要件や申請方法などは、基本的には州法によって定められています。ポスト・コロナでは、2020年3月27日に施行したCARES ACT(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)によって、失業保険制度が暫定的(今のところ、2020年12月31日まで)に、より手厚い補償内容へと変えられています。CARES ACTという連邦政府による特別補助

従業員が雇用主の職場復帰要請を拒否した場合

Ogletree Deakinsの記事 「Can Employees Refuse to Return to Work Because of COVID-19?」 https://ogletree.com/insights/can-employees-refuse-to-return-to-work-because-of-covid-19/ 本記事では、従業員の職場復帰要請の拒否に対する雇用主の注