• 内藤博久

失業保険について:週$600の給付金上乗せの終了

最終更新: 2020年7月28日

今回は、米国の失業保険制度についてまとめていきます。

失業保険の要件や申請方法などは、基本的には州法によって定められています。ポスト・コロナでは、2020年3月27日に施行したCARES ACT(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)によって、失業保険制度が暫定的(今のところ、2020年12月31日まで)に、より手厚い補償内容へと変えられています。CARES ACTという連邦政府による特別補助金によって、各州の失業保険制度が大きく変わったポイントは5つあります。


① 申請の便利さ

電話やネットでの手続きが可能である等、申請の手続きが簡単になっている。連邦政府による補助金によって、各州の失業保険局のインフラが強化されている為、タイムラグなく補償を受けられる体制となっている。また、厳格な審査もなく、再就職のための努力を継続的に証明していなくても、一時帰休や解雇となった従業員は失業保険の補償が受けられるかたちとなっている。


② 上乗せの補償金

解雇や一時帰休となった従業員が受けられる週の補償金額が上乗せされている。


③ 連邦政府の補助金

連邦政府の補助として、一時帰休や解雇された従業員には、週$600の給付金が上乗せされている。この給付金については、7月末に終了となる。


④ 補償期間の延長

連邦政府の支援として、2020年12月31日までに受けられる失業保険の補償期間が13週間延長されている。一般的には、州から受けられる失業保険の補償期間は26週間です(州によっては、26週間以下のものもあるので、ローカルルールを確認しましょう)。この州の補償期間に追加して、連邦政府による補償の13週間がプラスされているため、最大で39週間の補償が受けられる。


⑤ PUA(パンデミック失業支援)の実施

PUAによって、州の失業保険の申請が拒絶された場合、或いは通常失業保険の対象とはならない人たち(個人事業主、独立契約者、ギグワーカー)も補償が受けられる制度となっています。


現在、事業再開をされた雇用主の方も多いと思います。実際再開はしたが、経済的な負荷が大きくそれを軽減するために再度、従業員をレイオフや一時帰休としなければならない状況もあるかもしれません。現時点では、8月からは、週$600の給付金がなくなることから、失業する従業員を違うかたちでサポートしようと考える雇用主の方も少なくありません。たとえば、レイオフではなくシフト時間を減らし、従業員の減った給与については、部分的な失業保険の申請やワークシェアプログラムに頼るという作戦もあります。または、解雇対象者に対しては、給与の何か月分といったSeverance(退職金)を支払ってあげることもあります。Severanceを受けると、州によっては、従業員が受ける失業保険の補償が減らされる可能性があります。そこで、住宅手当てや食事手当てのための災害ファンドを失業対象者のために設定する会社もあります。従業員の失業保険の補償を減らさないようなサポートを設置しつつ、レイオフや解雇にともなう訴訟リスクを減らす対策を考えることも重要なポイントとなります。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

34回の閲覧

最新記事

すべて表示

ワークシェアリング・プログラムについて

ジェトロ・ニューヨーク事務局の皆様に機会をいただき、10月1日にWebinarを無事に開催することができました。ライブでは300人以上の方にご視聴いただき、登録数も700人となっていました。誠にありがとうございます。Webinar後も、質問をいただき、Zoom会議などをさせていただきました。引き続き、ワークシェアリングの情報をアップデートしていきます。 ジェトロのサイトで録画がアップロードされまし

従業員が雇用主の職場復帰要請を拒否した場合

Ogletree Deakinsの記事 「Can Employees Refuse to Return to Work Because of COVID-19?」 https://ogletree.com/insights/can-employees-refuse-to-return-to-work-because-of-covid-19/ 本記事では、従業員の職場復帰要請の拒否に対する雇用主の注

従業員の失業保険:ワークシェア・プログラムの活用

Jackson Lewisのウェビナー 「Workshare 101」 https://www.jacksonlewis.com/event/workshare-101 ポスト・コロナ社会でビジネスを継続していくには、雇用主の法的リスクを避けると同時に、雇用主にかかる経済的負担(従業員の給与など)を下げるスキームが重要です。ひとつの有効なスキームとして挙げられるのが、全米の約半分以上の州政府で実施