• 内藤博久

国境を越えたリモートワークの構築

最終更新: 2020年6月26日

Fisher Philipsのウェビナー

「Hiring and Working Remotely Across Borders: Understanding the Issues」

https://www.fisherphillips.com/newsroom-events-hiring-and-working-remotely-across-borders-understanding


ポスト・コロナ社会では、リモートワークの活用が検討されています。なかには、アメリカ国内のみでなく、「アメリカと日本」間といったクロスボーダー業務を行う企業も出てくるかもしれません。そのような国境を越えるリモートワークを運営する上で、雇用主が注意しなければならない労働法務のリスクとは何でしょうか? 本ウェビナーでは、国際的なリモートワークを構築する際、どの国の法律に従って労務管理をすべきか、という問題について解説しています。競業避止義務の有効性、独立契約書者の定義、時間外労働の基準など、国によって異なる法律に触れ、どのようにリスク対応すべきか説明されています。


このウェビナーに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本ウェビナーは、実施時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

ZOOMなどの「Web会議規定」の策定

コロナ禍となり、企業はZoomなどを利用したWeb会議を、日常的に利用していると思います。Web会議の利用方法なども、従業員はだいぶ慣れたことでしょう。他方、Web会議の労務問題について、雇用主はアンテナを張っておく必要があります。 ① Web会議には、人を「不愉快」にさせる要素がある Zoomなどは、会議をする上でとても便利ですが、このような機能が「労務問題の原因」となることがあります。たとえば

ポスト・コロナ社会のリモートワーク

Jackson Lewisのウェビナー 「COVID-19 and Reimagining the Workplace: Daily Briefing - Practical Guidance for Today and the Future of Your Business」 https://www.jacksonlewis.com/event/covid-19-and-reimagining-

©2020 by Japan Practice: Back to Work Program