• 内藤博久

会社内で感染案件が生じた場合の雇用主の記録義務について

Ogletree Deakinsの記事

「OSHA Revises Its Recordkeeping Guidance for COVID-19 Work-Related Cases」

https://ogletree.com/insights/osha-revises-its-recordkeeping-guidance-for-covid-19-work-related-cases/


フルタイムの従業員を10人以上有する雇用主は、労働安全衛生局(OSHA)の規定に従って、会社内で発生した事故や病気の記録を保管することが義務付けられています(OSHA Form300)。本記事では、新型コロナウイルスの感染案件で、雇用主に課される記録義務について解説しています。

OSHAのガイドライン:

https://www.osha.gov/memos/2020-05-19/revised-enforcement-guidance-recording-cases-coronavirus-disease-2019-covid-19


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

OSHAの事業再開に向けた最新ガイドライン

Fisher Philipsの記事 「OSHA Releases Return-To-Work Guidance Addressing Assessments And Records」 https://www.fisherphillips.com/resources-alerts-osha-releases-return-to-work-guidance-addressing OSHA(米国労働安