• All ok Project

企業に求められる 「ニューノーマル」とは(ガルフストリーム誌連載第2回)


ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり執筆している「コロナ禍におけるニューノーマル」の第2回企業に求められる「ニューノーマル」とはが、刊行されました。


コロナ禍において、人々の働く価値観が変わるなか、企業を救うのは従業員との「団結と共感」です。雇用主が、コロナ禍において特に厳しい影響を受けた人々に対する対応を間違えると、法的リスクを招きかねません。逆に、安心して働ける環境をつくろうとする企業に対する従業員の忠誠心は高まるのです。本稿では、雇用主が従業員と団結し、共感を得るために留意すべき点をあげています。


ヒューストン商工会会報:ガルフストリーム誌

https://www.jbahoustongulfstream.com/

第1回の連載記事こちら


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

経済支援策:Consolidated Appropriations Act 2021について

本記事では、コロナ禍における失業保険給付の最新情報の解説をしています。 Jackson Lewisの記事 https://www.jacksonlewis.com/publication/consolidated-appropriations-act-2021-unemployment-relief 給付期間の再延長:州の給付期間は通常26週間となりますが、CARES Actにより13週間延長され

コロナ禍における「ニューノーマル」第1回 (ガルフストリーム誌)

ヒューストン日本商工会の会報誌「ガルフストリーム」で、3回にわたり「コロナ禍におけるニューノーマル」の連載を執筆することになりました。 この度、第1回『企業に求められる「ニューノーマル」とは』が、12月号で刊行されました。 「人は何のために働くのか」。コロナ禍において、人々の働く価値観が変わるなか、企業は何をするべきなのか。本稿では、「ニューノーマルの3つの段階」を提唱しています。多くの企業が第1

ZOOMなどの「Web会議規定」の策定

コロナ禍となり、企業はZoomなどを利用したWeb会議を、日常的に利用していると思います。Web会議の利用方法なども、従業員はだいぶ慣れたことでしょう。他方、Web会議の労務問題について、雇用主はアンテナを張っておく必要があります。 ① Web会議には、人を「不愉快」にさせる要素がある Zoomなどは、会議をする上でとても便利ですが、このような機能が「労務問題の原因」となることがあります。たとえば

©2020 by Japan Practice: Back to Work Program