• 内藤博久

事業再開後、従業員がテレワークを希望する場合、雇用主はどこまで便宜を図る必要があるのか?

最終更新: 2020年6月19日

Jackson Lewisの記事

「Accommodations in New COVID-19 World」

https://www.jacksonlewis.com/publication/eeoc-releases-guidance-workplace-reasonable-accommodations-new-covid-19-world


連邦政府各省や州政府のガイドラインを見ると、ポスト・コロナ社会では、従業員の不安の声や職場環境に関するリクエストに対して、雇用主は積極的に耳を傾け、雇用主に過剰な負担がかからない程度に、合理的な便宜を図るべきである、とされていることが分かります。事業再開の後、職場復帰を従業員に要請したが、ウイルス感染のリスクから、従業員がテレワークの延長をリクエストしてきた場合、雇用主はこのリクエストに対して「NO」といえるのでしょうか? 雇用機会均等委員会(EEOC)から2020年4月17日付けで発表されたガイドラインを基本に、本記事では、雇用主の「合理的な便宜(Reasonable Accommodation)を図る義務」について解説しています。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ポッドキャスト第3回:従業員の職場復帰を拒否する権利(レベル3のシナリオ分析)

レベル3のシナリオとして、従業員が新型コロナ・ウイルスの重症化リスクを理由として、職場復帰を拒否する場合の雇用主の対応や注意点を解説しています。 ポッドキャストのリンク: https://anchor.fm/u5185u85e4u535au4e45/episodes/3-emfovr/a-a3rhngp CDCの重症化リスクに関するリンク: EEOCの合理的配慮のガイドライン: このポッドキャスト

ポッドキャスト第3回:従業員の職場復帰を拒否する権利(レベル2のシナリオ分析)

今回は、コロナ禍において、従業員が仕事を拒否する権利、或いは職場復帰を拒否する権利についてお話しました。特に、会社の感染予防対策や事業再開プランの「不備」を従業員が指摘していた場合のシナリオ(レベル2のシナリオ)を見ていきます。 ポッドキャスト: https://anchor.fm/u5185u85e4u535au4e45/episodes/2-ek6nvs/a-a3edih8 前回の、新型コロナ

ポッドキャスト第3回:従業員の職場復帰を拒否する権利(レベル1のシナリオ分析)

コロナ禍において、従業員が仕事を断る権利、或いは職場復帰することを拒否できる権利について: 従業員がオフィスに戻ることを拒否する理由として、もっとも多いのが、新型コロナウイルスへの感染に関する一般的な「恐怖心」や「不安」です。従業員の新型コロナウイルス感染に対する不安は理解できるものの、そのリスクに対する恐怖心だけで、与えられている仕事を従業員が拒否することはできるのでしょうか? ポッドキャスト:

©2020 by Japan Practice: Back to Work Program