• 内藤博久

ポスト・コロナ社会の法務プログラムについて

ポスト・コロナにおいて、雇用主が対応を求められる作業(法務)を、以下のリンクに図表としてまとめてみました。


https://07de369e-0fd4-4ab4-8675-ae84f8df3fa2.usrfiles.com/ugd/07de36_29261d0cdcfa456a931006dfa9f10ef5.pdf



作業としては、大きく2つのカテゴリに分けています。ひとつは「インフラ整備プログラム」です。これは企業の規模や業種に関係なく、ポスト・コロナでの雇用主が取組んでおきたい、或いは対応が求められる内容となります。もうひとつは「予防法務プログラム」で、こちらは雇用主のアクションに対して特定の法的リスクが発生しているパターンです。たとえば、コロナ禍で従業員をレイオフする場合は、どのようなリスクがあるのか?そのリスクに対して、事前に雇用主はどのような対応が求められるか、といった内容です。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


44回の閲覧

最新記事

すべて表示

COVID-19:日本企業向けプログラム(パンフレット)

Japan Practice: Back to work programでは、コロナ禍における、雇用・労働法務プログラムを展開しています。実際、どのようなサポート体制であるかを分かりやすく説明するために、パンフレットを作成しました。 ダウンロードできない場合は、こちらから。 本プログラムは、雇用・労働法務を専門としている米国法律事務所(3社)と協力し、全米42州で展開できるかたちとしています。そし

Back to Work Programサイト開設

2020年6月25日、正式に本サイトをオープンしました。 本サイトの概要や目的について、ポッドキャストで解説しました。ぜひ、お聞きください。 https://anchor.fm/u5185u85e4u535au4e45/episodes/6242020-First-efrkii このサイトに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。

©2020 by Japan Practice: Back to Work Program