• 内藤博久

ニューヨーク州:雇用主が補償する有給傷病休暇の説明

最終更新: 2020年6月18日

Moses & Singerの記事

「COVID-19 LEAVE OBLIGATIONS FOR NEW YORK EMPLOYERS」

https://www.mosessinger.com/uploads/COVID-19-Leave-Obligations-for-New-York-Employers.pdf


2020年12月31日まで実施される連邦法「家族第一・新型コロナウィルス対応法(FFCRA)」における臨時有給傷病休暇(EPSL)と、育児介護救護法の拡大(E-FMLA)に関して、雇用主は従業員に対して行う給与補償を理解する必要があります。同時に、ニューヨーク州でも、新型コロナ対策として臨時的な有給傷病休暇を与える義務を雇用主に課しています。連邦法と州法で課される雇用主の義務の違いを理解するのは難しいですが、本記事では、それぞれの補償の違いを分かりやすく図表でまとめています。


この記事に関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本記事は執筆時の情報に基づいており、現在とは異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

ニューヨーク州:事業再開に向けたプランの策定

Moses & Singerの記事 「Developing a Business Plan to Reenter the Workplace」 https://www.mosessinger.com/articles/developing-a-business-plan-to-reenter-the-workplace 本記事では、事業再開に向けて、業界を問わず、すべてのニューヨーク州の雇用主が検