• 内藤博久

カリフォルニア州:事業再開に向けたガイドライン

最終更新: 2020年6月20日

Fisher Philipsのウェビナー

「Key Considerations for Employers as They Get Back to Business」

https://www.fisherphillips.com/newsroom-events-key-considerations-for-employers-as-they-get


ウェビナーでは、カリフォルニア州(特にロサンゼルス)の事業再開について解説しています。連邦法、州法、そしてローカル法のガイドラインに沿って、どのように事業再開プランを策定すべきか、アドバイスがされています。また、従業員の体調管理を行う上で個人情報や医療情報の扱いに注意し、カリフォルニア消費者プライバシー法に従う必要性など、カリフォルニア州特有の注意点についても触れています。


このウェビナーに関する質問は、hnaito@mosessinger.comまで、日本語でお気軽にお問い合わせください。なお、本ウェビナーは、実施時の情報に基づいており、現在とは情報が異なる場合があることを、予めご了承ください。最新コンテンツやアップデート情報などをいち早くご希望される場合は、ニュースレターへの登録をお願いいたします。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

カリフォルニア州:職場の安全確保に関するガイドライン

Ogletree Deakinsのポッドキャスト 「Workplace Safety in California: COVID-19 Update」 https://ogletree.com/podcasts/2020-05-04/workplace-safety-in-california-covid-19-update/ 本ポッドキャストでは、カリフォルニア州のガイドラインに沿って企業の感染リ

©2020 by Japan Practice: Back to Work Program